おすすめカードローンサイト

はじめての人でも安心して借りられる優良の金融サービスを徹底比較し、低金利であることはもちろん、目的や状況に幅広く対応できるサイトを紹介します。

みずほ銀行カードローン
審査 : 最短即日
融資 : 契約後、最短即日融資可能
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率4.0%~14.0%。みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません!
『みずほ銀行カードローン』についてもっと見る
オリックス銀行カードローン
審査 : 最短即日
融資 : 契約後、最短即日融資可能
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率3.0%~17.8%。ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!来店・口座開設も不要で手軽に申し込めます。
『オリックス銀行カードローン』についてもっと見る
アイフル
審査 : 最短30分で審査完了
融資 : 即日融資も可能 ※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合もあります
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第※安定した収入がある方
専業主婦 : 不可
年率4.5%~18.0%。来店不要で手続きは全てネットから完了できます!
『アイフル』についてもっと見る
モビット
審査 : 10秒結果表示
融資 : 最短即日 ※14:50までの振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有
無利息 : なし
パート・バイト : 審査次第※安定した収入がある方
専業主婦 : 不可
郵送物なし、電話連絡なし
年率4.8%~18.0%。ご利用限度額は500万円まで。審査結果を10秒で表示!WEBだけで申込の完結も可能!(10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)
『モビット』についてもっと見る
プロミス
審査 : 最短30分
融資 : 最短即日 ※平日14時までにWEB契約完了が必要
無利息 : 30日間
パート・バイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率4.5%~17.8%。30日間無利息サービスあり!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
『プロミス』についてもっと見る

消費者金融の審査のスピード

消費者金融の新しいサービスの大きな利点として、あげられるのがスピード審査です。消費者金融を利用したいと思う人達は、結構、即日融資と言われるように、申し込んだその日のうちに、審査を終え、融資を受けたいという人達が多くいます。ですから、どれだけ早く審査を完了するかは、業界の長年の課題であったのです。こうした課題の前進により、今日では、わずか数秒で審査を終え、振り込み完了まで、約30分程度という審査システムを作り上げてきたのです。カードローン借りる情報カリルン
この審査スピードは、まぎれもなく消費者金融を利用する上では、大きなメリットとなっています。一方、銀行の場合ですと、金利は低いですが審査や申込に時間がかかり、スピード融資は簡単に望めません。しかし、最近では銀行も小口分野を見直しており、大手消費者金融を傘下に入れるなど、リテールに注力するようになってきました。カードローン借りる情報カリルン
そして、次のメリットとしては、ネットから24時間申し込むことが可能ということです。現代では、住んでいる場所も時間も関係なく、借り入れが可能ということです。銀行なんかで融資を受ける場合は、借入場所や時間などは限られますが、消費者金融の場合は違います。もちろん、背景にインターネットの存在があり、インターネットを利用すれば、時間も場所も関係なくなってしまいます。カードローン借りる情報カリルンまた、消費者金融が用意した無人店舗の設置も、大きな役割を果たしました。

キャッシングというのは、銀行や消費者金融などから一定額のお金を借り、後はそれに所定の利息を付けて返済していくという、とてもシンプルな形のもので す。これに対して、カードローンとは、まず借入れの限度額という「枠」を設定し、その「枠」の範囲内で、自由に借入れを行ったり、また、返済を行ったりを 繰り返して行える形のものを指します。
つまり、カードローンは、キャッシングに比べると、より柔軟に対応できるところに特徴があると言えます。どちらのサービスを選択するのも、利用者の自由で すが、先に触れましたように、便宜性という点では、カードローンの方が優れているようにも思いますが、この一定の「枠」の範囲内で自由に借入れを行えると いうシステムは、「枠」をあたかもご自分のお財布のように取り扱ってしまい、なかなか借金の返済が進まないという事態に陥りかねませんので、その点には十 分に注意して利用する必要があります。
この点、キャッシングは一度借入れを行えば、基本的には、後はそれを返済していくというシステムになっていますので、先に指摘した点が気になる方などは、 こちらのシステムを選択した方が良いかもしれません。いずれにしても、無理のない範囲で、計画的に利用することを心掛けましょう

関連記事はこちら: