おすすめカードローンサイト

はじめての人でも安心して借りられる優良の金融サービスを徹底比較し、低金利であることはもちろん、目的や状況に幅広く対応できるサイトを紹介します。

みずほ銀行カードローン
審査 : 最短即日
融資 : 契約後、最短即日融資可能
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率4.0%~14.0%。みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません!
『みずほ銀行カードローン』についてもっと見る
オリックス銀行カードローン
審査 : 最短即日
融資 : 契約後、最短即日融資可能
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率3.0%~17.8%。ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!来店・口座開設も不要で手軽に申し込めます。
『オリックス銀行カードローン』についてもっと見る
アイフル
審査 : 最短30分で審査完了
融資 : 即日融資も可能 ※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合もあります
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第※安定した収入がある方
専業主婦 : 不可
年率4.5%~18.0%。来店不要で手続きは全てネットから完了できます!
『アイフル』についてもっと見る
モビット
審査 : 10秒結果表示
融資 : 最短即日 ※14:50までの振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有
無利息 : なし
パート・バイト : 審査次第※安定した収入がある方
専業主婦 : 不可
郵送物なし、電話連絡なし
年率4.8%~18.0%。ご利用限度額は500万円まで。審査結果を10秒で表示!WEBだけで申込の完結も可能!(10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)
『モビット』についてもっと見る
プロミス
審査 : 最短30分
融資 : 最短即日 ※平日14時までにWEB契約完了が必要
無利息 : 30日間
パート・バイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率4.5%~17.8%。30日間無利息サービスあり!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
『プロミス』についてもっと見る

カードローンの最大のメリット

カードローンの最大のメリットは、一度審査に通りカードを手にしたら、いつでも必要な時に手軽に限度額まで利用する事ができる事です。全国のATMをはじめとして、コンビニのATMでも利用する事ができ、いつでも場所も時間も問わずに利用が可能です。
返済においてもATMが利用できるため、とても簡単!一枚持っておくと、いざと言う時に助けてくれるそんな存在なのです。
また、審査などを行う場合も、時間や場所を気にする必要はありません。多くの場合、インターネットで行う事ができるので、忙しい人でも時間を気にせず審査を申し込むことができます。女性など、店舗に行く事に抵抗のある人も、気にする事なく行える点も良い点だと思います。もちろん、保証人なども必要なく、身分証明書などだけでOKになっています。
そして何より、金利の低いカードローンが多い事もメリットのひとつです。お金を借りる上で避けて通すことの出来ない金利の支払い。出来れば、誰でも低い金利でお金を借りたいと願うものです。そんな要望にも応えてくれるのがカードローンなのです。中には、無利息期間を設けているカードローンもあり、その期間なら、無利息でお金を借りる事ができたりもするのです。
選んで上手に利用する事で、とても便利で嬉しい事がいっぱいのカードローンなのです。

返済の計画を立てて借りることが大事です

どうしてもお金が必要になることは、人間だれしもあることです。
理由は何であれ、今自分が持っている金額以上にお金を用意しなければいけないことも起こりうるでしょう。
そんなときは、お金を稼ぐか借りるかしか方法はありません。
実際にはお金が急に必要になった場合には時間がないために、借りるという手段を取らざるを得ないでしょう。

しかし、その際によく考えておくべきなのは、返済計画です。
返す当てのないお金を借りてしまうと、返済のためのお金をあとからあとから借りては返し借りては返し・・・と
繰り返してしまう可能性もあります。

まず、実際に必要なお金はいくらなのか、よく考えましょう。
念のために少し余計に借りる、というような必要ないお金まで借りすぎていないか見直しましょう。

それから、実際に借りる段になったら、それをどのように返すかよく考えましょう。
たとえば、何日後には収入が見込めるので、それを返済にあてる、というような具体的な計画が立てられるなら、
問題はありません。

しかし、そうでない場合も多いでしょう。
その際はリボ払いが可能であるか、それは何回払いになって、一回につきいくら払うことになるのか、
その場合の利子のつき方はどうなっているか、といったところまで考え合わせて返済計画を立てましょう。
もちろん、その後臨時収入があったり、あるいは収入が見込めなくなってきた場合など、こまめに計画を見直す必要があるでしょう。
途中で変わってもいいので、きちんと返済計画を考えて借りることが本当に重要なのです。

関連記事はこちら: