おすすめカードローンサイト

はじめての人でも安心して借りられる優良の金融サービスを徹底比較し、低金利であることはもちろん、目的や状況に幅広く対応できるサイトを紹介します。

みずほ銀行カードローン
審査 : 最短即日
融資 : 契約後、最短即日融資可能
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率4.0%~14.0%。みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません!
『みずほ銀行カードローン』についてもっと見る
オリックス銀行カードローン
審査 : 最短即日
融資 : 契約後、最短即日融資可能
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率3.0%~17.8%。ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!来店・口座開設も不要で手軽に申し込めます。
『オリックス銀行カードローン』についてもっと見る
アイフル
審査 : 最短30分で審査完了
融資 : 即日融資も可能 ※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合もあります
無利息 : なし
パート・アルバイト : 審査次第※安定した収入がある方
専業主婦 : 不可
年率4.5%~18.0%。来店不要で手続きは全てネットから完了できます!
『アイフル』についてもっと見る
モビット
審査 : 10秒結果表示
融資 : 最短即日 ※14:50までの振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有
無利息 : なし
パート・バイト : 審査次第※安定した収入がある方
専業主婦 : 不可
郵送物なし、電話連絡なし
年率4.8%~18.0%。ご利用限度額は500万円まで。審査結果を10秒で表示!WEBだけで申込の完結も可能!(10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)
『モビット』についてもっと見る
プロミス
審査 : 最短30分
融資 : 最短即日 ※平日14時までにWEB契約完了が必要
無利息 : 30日間
パート・バイト : 審査次第
専業主婦 : 不可
年率4.5%~17.8%。30日間無利息サービスあり!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
『プロミス』についてもっと見る

カードローン 今日中借りれる情報ナビ!

・カードローンは使いみちが自由
カードローンは発行されたローンカードを使って、銀行やコンビニなど提携ATMからお金を借りるローンです。
最近ではインターネットが急速に普及したことで、オンラインバンキングを利用して24時間いつでもパソコンやケータイ、スマホなどからお金を借りることもできます。
住宅ローンや学資ローンやマイカーローンと違って、カードローンは使いみちが自由と言う特徴があります。
ご利用限度額内で何回でも繰り返しお金を借りることが出来ます。
お金を借りた後の返済も残高スライドリボルビング返済方式で、毎月最少の金額を返済するだけです。
余裕のない月は最少のままで返済、余裕のある月は任意の金額をプラスして返済と、毎月の返済額を余裕の有無によって自由に決めることが出来ます。
ボーナスが出た時は一括返済することも可能です。
利息は日割計算でご利用した日数に付く仕組みになっていますので、出来るだけ返済に回したほうがお得です。
カードローンは消費者金融、信販、銀行などいろいろな会社から提供されています。
消費者金融と信販は貸金業者として、銀行は銀行業としてカードローンを提供しています。
一番金利が低いのが銀行のカードローンです。銀行と言う信頼感もあるので初めてでもお申し込みしやすいのがメリットです。 審査時間がどれくらいかかるかというのも気になるところです。

・カードローンのリボルビング返済方式とは?
カードローンの返済方法としては、残高スライドリボルビング方式や定額リボルビング方式がとられています。
カードローンでお金を借りた場合、借入れた金額に応じて毎月の最低返済額というのが決まっており、この最低額は業者によって異なります。
残高スライドリボルビング方式というのは、返済額が借りたお金の残高によって変化する仕組みになっている返済方法で、残高が少なくなれば返済額もスライドされ支払はなくてはならない最低返済額も少なくなっていくのです。
大抵の銀行や金融業者では、この残高スライドリボルビング方式を取り入れていますが、一方で定額リボルビング方式を取り入れている所もあります。
この定額リボルビング方式という返済方法には、元利定額と元金定額方式があるのです。
前者は毎月指定した返済額を払っていくもので、その中に元金分と利息分が含まれていますから、毎月の支払い額は最初から最後まで同じですが、元金は毎月同じ額だけ減っていく訳ではありません。
一方後者は、指定した一定の元金とその都度残高に応じた利息をプラスして払っていく方法です。
そのため、毎月の支払い額は一定ではありませんが、元金を毎月指定した額だけ確実に返済していく事が可能となります。
この様に、同じリボルビング方式でも毎月の元金の減り具合や合計した返済額、返済にかかる期間は異なっていく事を覚えておきましょう。


・金利で選ぶなら銀行のカードローン
銀行、消費者金融、信販会社から様々なカードローンが提供されています。それぞれの特徴を活かしたサービスとなってますが、何を基準に選べばよいのか迷ってしまします。しかし、最もポイントになるのは金利です。金利が低ければ利息も安く済み最終的な総返済額も大きく違ってきます。
金利でカードーローンを選ぶなら銀行です。銀行の場合は、貸金業法の適用を受けないというアドバンテージがあるのですが、さらに低金利のカードローンにすることで消費者金融や信販会社の顧客を多く奪い取っています。やはり、利用者に取って一番の魅力は金利なのです。ただし、銀行とはいっても中には消費者金融並の金利をつけてるところもあります。
今のところ、大手都市銀行とネット専用銀行の一部で魅力的な低金利のカードローンをだしています。特にネット専用銀行のサービスは、10%を下回る商品となっていて現時点では最強です。店舗を持たないことを強みとした経営で大手銀行をしのぐ低金利サービスを提供しています。また、このネット専用銀行は、初回に限り支払った2か月間の利息を全額キャッシュバックするサービスも実施しており驚きです。一部の消費者金融会社が行う無利息期間サービスも真っ青です。


・借り入れのときに発生する手数料
キャッシングで借り入れを行うときに気をつけたいのが手数料についてです。ATMからお金を引き出すとき手数料はかからないようにみえます。しかし、実際には手数料が発生しており、それは返済時に請求されています。引き出しには手数料が発生しないのではなく後払いになっているだけなので、少しでも節約をしたいと考えている方はATM以外からの出金方法を検討しましょう。
手数料がかからない出金方法としてもっともポピュラーなのがネット振込を経由する方法です。キャッシングにはたいてい振込手数料無料の振込先があるので、そちらの口座にまず振込を行います。その後に口座のある金融機関のATMで営業時間中に出金すれば手数料はかかりません。金融機関の中には預金額や利用者特典で一定回数のATM手数料を無料にしているところもあります。そのようなサービスも併用していくことで手数料を節約することができます。
出金以外に返済に関してもATMを利用すると手数料が発生します。こちらは毎月の口座振替を設定すると手数料が無料で支払い忘れをすることなく返済ができます。出金用も兼ねてキャッシングのための口座をひとつ設定しておくと返済にも便利です。
コンビニなどにあるATMは24時間利用ができ、とても便利ですが利用コストもかかります。手数料をできるだけ節約し返済に回すことが建設的だと考えています。

・カードローンの在籍確認は簡単
カードローンの在籍確認が不安だという声はとても多いです。やはり職場の人にはカードローン利用であったり、キャッシングなどのことは知られたくはありませんよね。しかし在籍確認で電話がいってしまうとなると、やはりそういったことがバレるのではないかとの不安に駆られる方も少なくないようです。 しかし、実際のところこのカードローンの在籍確認というものはそこまで難しいというものではありません。担当者が個人名で職場に電話をかけるだけの簡単なもので、利用者に迷惑がかからないように配慮して行われるものです。なので心配は必要ありません。 良く カードローンを比較 したうえで借り入れをするようにしましょう。